ジャンクでパイオニアVX-5(=HF300のOEM品)を入手。でもジャンクですよ。

画像

前から気になっていたパイオニアのベータなんですが、HF300の将来への部品取り目的にとVX-5だけは手に入れようと思っていました。
いちおう私の記憶によれば、HF66のOEMがVX-7、HF300のOEMがVX-5、HF900のOEMがVX-9、HF505のOEMがVX-3HGで、この4機種しかなかったのではないかと。

そのうちVX-9では独自の電源部強化と太い電源コードなどがあって単なるOEMではありませんでした。
このVX-5でもリモコンはパイオニア独自のものに変更されていたようですので、個人的に電源部などがどうなっているのかも気になっていました。
もしHF300より電源部が強化されているのであれば、外見HF300・電源部などはパイオニアという合わせ技チューンも可能ですし、トラブルの起こりやすい電源ICへの不安を少しでも払拭できるかもしれません。
正直よくわからないところが多かったモデルなんですが、とりあえずはやはり入手してみるべきではないかと思った次第だったのでした。

というわけで、写真のVX-5を入手です。

画像
画像


本当はシーリング部のフタつきが良かったのですが、個人的にはHF300に比べてデザインに違和感がある機種ですので生かすほうは元祖のHF300になるでしょうし、捨てるべきところは捨てるべきかと。
最初のOEM(HF66が母体)のVX-7は比較的デザインが良かったと思うのですが、このVX-5とVX-9については個人的にはどうにもデザインが苦手です(^^;)

とくにカセット挿入部の蓋の余計なデザイン、何とかならなかったんでしょうか?
ネットで見る限りでもここが気に入らなくてソニーのものと交換している方もいるようですし、中身は良いのに損をしていた機種ではないでしょうか。

なお入手してみていちおう中を開けてみましたが、ほとんどHF300と変わりないようです。
後日HF300と比較写真を撮り追記する予定ですが、現在は時間もないので軽く見るだけにしました。
ですが期待の電源部はコードも含めてオリジナルとの差異はなさそうで、ちょっと残念です。

なおジャンク品ですのでその具合はというと、電源のオン・オフはOK、カセット挿入・排出とローディング・アンローディングもOK、ボタンの反応は正常で早送り・巻き戻しはOKだがそれ以外は不可(ヘッドが回転していないし、キャプスタンも動かないため録画・再生不可)、しかも音声・映像ともチューナーを含めていっさい信号が出ていません。
こういう症状だと電源ICの不良の可能性もありますが、どちらかというと電源部の回路についているフューズが切れている場合やホール素子などの不良など、回路上の問題である可能性も高そうです。

現状ではテスタとはんだこてがお釈迦になっているため、これ以上の追求はできません。
とりあえずローディング系やスレッディング系、カセコンが部品としてOKでしたのでジャンクとしては十分でしょう。
あとはまた後日、いろいろ調べてみようかと思っています。
案外どこかのコネクタが外れたり断線してるだけという可能性もありますが、どちらにしても時間がある時にしか確認は無理ですし。

画像


というわけで、上のような状態になりました。
うーん、どうしたもんだか・・・(^^;)ゝ
あ、でもあと1~2台ぐらいはいけるかな・・・って何考えてるねん、自分!






この記事へのコメント

プレサリオ
2014年04月14日 23:39
こんにちは、始めまして

私もパイオニアのVX-5、
そしてVX-7と2台所有しています。

VX-7は、SONYのリモコンが使えましたが
VX-5は、SONYのリモコンは、使えませんね!

私が所有しているパイオニアの2機種は、
どちらも再生出来ます。
ただ、完璧と言う感じでは、ないですが・・・。

またご訪問いたします。

この記事へのトラックバック