少々古いモデルですが、真ん中demoマウス TAM(TAM-Z750J)を入手。

画像

さてさて、「真ん中demoマウス」です。
だいぶ以前に「トレたま」(トレンドたまご)に取り上げられたものです。
そしてこれもまた、腱鞘炎対策などの目的もある縦型マウスの一種というわけです。

なおこれは以前から購入予定としていたものですが、今となってはけっこう古めのモデルとなってしまったことや、そのためどうせなら楽天のポイントででも購入してしまおうかと思っていたこと、メーカーさんの販売サイトの動きがほとんどなくなっていたことなど、諸所の事情のためうやむやに購入が伸びてしまっていたものです。
しかし楽天市場の品物が品切れになってしまったため、そろそろ買うしかないかとメーカーさんの販売サイトのほうからの購入に踏み切ったと言うわけです。

画像


teacupの販売サイトに注文を入れ入金しても発送の連絡も何もなかったのですが、特に何事もなく入金数日後には上の写真のような品物が届きました。
このあたり、ややそっけなさすぎますね(^^;)
取扱説明書もA4裏表印刷の紙一枚ですので、やはりそっけない感じです。

画像


なおこのマウス、写真などを見るとやや誤解をまねく面があります。
この記事の最初の写真が一般的な商品写真に使われているのですが、あの状態で使うためには実は条件が限られてくるのです。

電池が充電済みでないとあの状態では使用できないのですね。
充電しながらだと下の写真のように分離せざるを得ません。
キャップは単なる受信機でしかないですし、充電用コードを取り付ける端子はキャップを外さんことには接続できないのです。

最初の写真の状態は「本当はワイヤレス状態なんだけど、混信しにくいし一見有線風で使う」というような状態なんですね。
ですので、普通はあまり使わない状態であることは間違いないように思います。

画像


ですので充電しながらの使用は上の写真のような感じになります。
やはりUSB端子は2つ必要になります。

画像


なおこちらが正面(手前側)。
ど真ん中にホイールです。

画像


反対側には縦にクリックボタンが2つ。
上が左クリック、下が右クリックです。
ですので手でマウスを保持してみると・・・。

画像


こんな風になってしまいます。
って、これじゃあホイール操作しにくいやん!

画像


うまく操作するには上の写真のように持つしかありませんが、やはりイマイチです。
このボタン配置で使いやすくするには・・・。

画像


右利きならこうでしょうね。
実際に保持して使ってみてもこれがベストではないかと。
右に45度回転させた形です。

画像


ただし、このマウスにはこのように使用方向を変更するような専用ドライバは付属していません>のでそんな機能はありません。
したがって以前ごろ寝リターンズやV-MOUSEなどで活躍したフリーソフト「さかさまうす」の出番です。

画像


面倒なのはまずは立ち上げないとダメですし、立ち上がるといきなり「さかさま」状態になりますので、下の写真の状態になるよう頑張って設定しないといけません。
一度設定して「apply」を押しておけば以後は立ち上げるだけで良いですが、毎回立ち上げないといけないところが玉にキズです。
タッチパネルも起動中は使用不可になりますが、これはいたしかたないでしょうね。

画像


というわけで、個人的意見としてはこのマウスはややボタン類の配置に難があると言わざるを得ません。
慣れで多少はカバーできるとは思いますが、要改良でしょうね。
ただし・・・。

画像


写真のようにこのマウスはマウスのまさにど真ん中にセンサーがあり、かつマウス本体の背があまり高くありません。
しかもサイズは横も縦もほぼ同じです。
そのため保持使用の自由度は高く
、今までに入手してみた縦型マウスでの苦手領域「文字書き」はこのマウスに限ってはあてはまりません。

画像


このように真上から下に押し付けるような強引な保持もできますし、試してみると状況によっていろいろ使い分けができて良いのではないでしょうか。

電池は5時間で充電で15時間使用可(充電中も使用可)、ワイヤレスもRF方式ということで、この点についても最近のものに比べるとやや難がありますが、思ったより使いやすくてよいモデルではないかと思いました。
写真で見るより実物はかなりコンパクトで可愛いですし、色合いもファンシーで女性向きです。
マウスでお悩みなら、試してみても悪くはない選択でしょう。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック