まとめてマウスレポート!その3は「エルゴ(縦型)マウス編1」です。

画像

さてさて、マウスレポートその3ですが、いよいよエルゴノミクスマウス編です。

まずはANKERさんのAnker Vertical Mouseですが、2千円以下の値段でかなり割安感のあるマウスです。

なおこいつはワイヤード版ですが、現在は在庫切れのようで、代わりに同じ形でワイヤレス版のぺリックス PERIMICE-713というのがあります。
こちらもお値段はかなり安いですね。
画像

パッケージもシンプルです。
ですがなかなかマウス本体を含めてデザインのセンスが良く、好感が持てます。
画像

そして一番のポイントは、使ってみてもなかなか良いというところに尽きます。
握ってみるとすぐわかりますが、実に自然な感じです。
画像

先日購入していたワイヤレスのバーチカルマウス(下の写真参照)に比べると、個人的な印象としては少し使ってみただけでもかなり楽に感じます。
画像
画像

うまく伝えられないのですが、手首の角度などを含めて自然な感じで握れて、誤操作も起きにくそうな感じで安心して普通に使えるのです。
まあ簡単に言えば、私としては使ってみて楽なんですね。

値段的には先日のワイヤレスバーチカルマウスと言うほど変わりませんが、この「感じ」の差は意外に大きいです。
しかもこのANKERマウス、DPI切り替えもでき、5ボタンマウスでもあります。
画像

なおUSBにつなぐと、左側面に青く光るラインが浮かび上がってなかなかきれいです。

そしてそのラインの上側の延長線上に第4・第5ボタンがあります。
この位置だと意識しないと少し押しにくいですが、握っていて誤爆する心配がほとんどなく安心です。

さらに第4・第5ボタンの上にDPI切り替えボタンがあります。
ワイヤレス版では3段階調節のようですが、ANKERさんのほうは2段階調節のようですね。
このボタンも位置的になかなかいい位置にあると思います。
画像

なおあえて文句をつけるとすれば、ホイールクリック(第3ボタン)がやや反応が鈍く、しっかり押してやらないとうまくいきません。
ホイールの反応自体は私には特に問題を感じませんでしたので、他のボタンの配置や操作感から考えると、誤爆防止のためあえてこういう感じに設定してあるのかもしれません。

とまあこんなわけで、このモデルはCPを考えると断然おすすめできます。
初めてエルゴノミクスマウスを使おうと思われるのでしたら、私としてはこれをイチ押ししておきたいと思います。


さて、お次は「元祖」エルゴノミクスマウス、エヴォルエントさんのバーティカルマウス4(ワイヤード右利き用)です。
画像

初めてこのメーカーさんのバーチカルマウスを見たときは驚きましたが、順調に改良を重ねて現在は「4」にまで進化しています。
本国アメリカではバリエーションが豊富で、ワイヤード版だけでも右利き用・右利き用スモール・左利き用と3タイプあり、ワイヤレス版もBluetooth版(ホワイトボディが良いです!)・2.4GHz版の2タイプあります。

残念ながら、お値段の関係からか日本にはほとんど入ってきていませんし、アマゾンで手に入るものもかなりの割高です。
せめて半額まで下がってくれればなあと思うのですが、難しいのでしょうか?

画像

デザインは初代から極端には変わっておらず、この手のマウスの中でもまごうかたなき垂直(バーチカル)握りタイプのまま。

「3」以降で大きく変わったのは、小指付近への過重負担を減らすために右側側面下部の形状が独特のラインで成型されているところでしょうか。
他のメーカーさんのものでこの部分が似たデザインのものもありますが、元祖はこのメーカーさんだったのです。

つまりこのマウスは垂直に握り、親指と小指とマウスの3点支持によりマウスを移動させる形になっているのです。
残りの3本の指はクリック用で、マウスを支えるのには使用しない仕様なのですね。

「2」のレポートでちらっと書いたことがありますが、「2」までは小指側への過重負担が出るのでちょっと問題だったのです。
小指側への負担を減らそうと他の指に過重分散しようとするとクリック誤爆が頻発してしまう(腱鞘炎対策のため負担を減らそうということなんでしょうけど、左右クリックなどのボタンは反応が良すぎるぐらい軽いのです)ので、私としては要改良点だと思ったものでした。

なおちょうどそのレポートを書いている時にすでに改良されて「3」に進化したりしていたことなどもあり、このメーカーさんのまじめさに感心した記憶があります。
このあたりの経緯もあるので、私としてはこのメーカーさんを応援してあげたいところなんですね。
問題はお値段なんですよねえ・・・。
画像

ちなみにやはり左右クリックなどのボタンは軽すぎるぐらい軽いです。
また私が購入したモデルはスタンダードサイズなので手の小さい方や女性には巨大すぎるでしょう。
高さもマウスとしては破格で9cmぐらいはあります。

超多機能でワイヤードの割には軽々操作できるモデルですので、十分おすすめはできそうではあるのですが、この手のマウスには合う合わないの個人的な相性もあり、お値段がお値段なので手放しにおすすめするわけにはいきません。
できればどこかで触ってみて、合いそうなら購入してみても良いかと思います。
たぶん秋葉原あたりに行けないとまず無理でしょうけど。

お値段が許容できるのであれば、私としてはおすすめではないかと思いますが。
ワイヤレス版がもう少し安く入ってきてくれるようになれば良いのですが・・・。


さて、その3の最後は”ひよこまんじゅう型”と紹介されていたマウス。
上海問屋さんから出ているエルゴノミクス 5ボタンレーザーマウス(有線式) DN-84768です。
画像

エヴォルエントさんのと他のエルゴノミクスマウス類をミックスしたような感じですが、握ってみた感じは良好ではあるものの、ちょっと違和感がありますね。
あと、”ひよこまんじゅう型”には私には見えません(^^;)

ただし、やや気になる点もいくつか。

まず第4・第5ボタンが親指の上下にあるので、やや誤爆しやすい点。
しかも左右配置に慣れているためか、上ってどっちだったっけ?と迷います。

それと親指部分にある滑り止めの突起なんですが、いまいち感触が良くないです。
また小指側にはエヴォルエントさんのと似たような成型がされてはいますが、マウスの角度と形状のせいかいまいち手に合わず、エヴォルエントさんのマウスのようには役に立っていません。
画像

画像

なおDPI変更ボタンはマウス裏面(接地面)にあります。
画像

質感はまあまあというところなんですが、いまいち手の大きめな私にはしっくりきません。
形状から考えると男性で手の小さい方には向くのではないかと思われますが。
しかし今回レポートした2機種と比較すると、お値段、使った感じともやや中途半端な印象が強いです。

ということで、個人的な感想としてはあまりおすすめできません。
手が大きくない方(ただし女性にはやはり大きすぎるかも)でお試ししたい方はどうぞ。



この記事へのコメント

fio
2017年08月22日 20:08
詳細なレポートありがとうございます。
EvoluentのVerticalMouse 4を購入しようと思っているのですが、smallとnormalのどちらのサイズがよいのか迷っています。日本人男性であれば、特に手が小さくなければnormalがおすすめでしょうか?
でびる
2017年08月27日 09:43
ご訪問ありがとうございます。
しかしエルゴマウスは多機種使ってみての感想としては他人の意見を聞いても好みの個人差が大きく、安易におすすめしていいものかどうか難しいところです。
normalはまあ無難なんですが、他のマウスに比べるとかなり巨大ですし、高さが特に目立つのでじっくり検討してくださいね。
アマゾンを見ると新しくデザインがシャープなCシリーズも出ていますし、Bluetooth版ホワイトも手に入ります。アマゾン情報なども参考にして、どうか慎重にどうぞ。

この記事へのトラックバック