ベータビデオテープ、ついに出荷終了・・・・。

画像


久しぶりの更新ですが、ついに来るべき時がきました。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20151110_729742.html

とは言え、年400本という規模になってなお、いまだに出荷していたというのも驚きですが。
もちろんベータカム用の分は含まれていないと思いますが、それを入れても大して変わらないでしょうし、再建がどうのこうのと言われて事業の切り売りまでしていた不振のソニーにしては、本当にかなり無理して頑張ったのではないかと。

かく言うベータ使いの私にしても、新品のテープを最後に購入したのはずいぶん前のこと。

最近では、ほとんどオークションでまとめてデッドストックを入手するパターンでしたので、残念ですが今回のニュースはまあ致し方ないというところでしょうね。

写真は私にとって一番使いやすいサイズのL-660(ベータⅠで1時間20分、ベータⅡで2時間40分、ベータⅢで4時間録画再生できるテープです)が、今後はテープの入手がますます困難になっていきそうですね。

とは言え。
DVDなどに移行して不要になったテープを処分する方もまだまだいるでしょうし、デッドストックもあるでしょう。

実際、私の手持ちの未使用テープを数えてみると、L-830だけで60本以上あり、その他のサイズを入れると200本ぐらいはあります。
開封使用済み分を再利用することを考えるとさらに1000本ぐらいはあり、最悪無理してVHSをベータに詰め替えて使うということも可能かと思いますので、まだまだ大丈夫だろう
という感じです。

もちろん、経年変化の問題もあり、テープならではのカビの問題もあります。
しかし私はサンヨーのMシリーズのデッキやリワインダーを駆使すればそのあたりのメンテも何とかできると思いますし、最近ではあまり楽しみになる番組などなく予約録画もほとんどしないため使用量も多くはないですので、とりあえずはあまり焦ることもないでしょう。

希望のサイズのテープの入手は今でもかなり難しいですしね。
どちらにしても、まだ3月までは時間がありますし、せっかくなので最後に新品を買って別れを告げておこうとは思っています。

でもねえ、皆さん、まだまだ私は使う気満々なんです。
東芝V-L8とか、使ってみたいデッキもまだそれなりにありますし。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック