椅子についてのお話。

画像

今回は椅子のお話。
以前はサンワサプライさんのオフィスチェアーを使っていて、サブにルノー5の中古シートにキャスターをつけて椅子に改造したものを使っていました。

しかし昨年夏、オフィスチェアーの背もたれ部分を溶接している根元が突然折れ、使用不能になるという事件が起こりました。
で、しょうがないので壊れたオフィスチェアーの残骸(背もたれ以外の部分)を再利用する形でルノーのシートを再改造。

というと大げさですが、残骸の上にシートが乗る形で無理やり合体させただけですが。
ちょっとグラグラしてしまうし、重心が高くなってしまったのでコケやすいですが、一応高さも調節でき特に部品を使わず加工なしで合体できたのでした。
で、しばらくはこれ↓だけで過ごしてみたわけです。

画像


とはいえやはり使用には難があり、使い勝手もイマイチ良くないのでどうしたものかと考えていました。


ちなみに難とはどういうものかと言うと、

①高さの調節に問題。高さの調節をしてもなぜかしばらくすると一番高い位置に戻ってしまうので、毎回座りなおす度に再調整が必要になる点

②部屋の通路の幅からいうと、幅を取るのでかなりの邪魔になる点

③しょせんはクルマのシートの流用なので、デスクワーク類をするには着座姿勢がしっくりこない

というわけで、やはり小さめの他の椅子が必要だという結論に達したのですが、スペースもないし、下手なものを買うと邪魔になりドツボです。
ここは折り畳みもできるタイプで安いものをというのがベターでしょう。

で、いろいろ検討していたのですが、椅子単体で買うのも良いのですが割高ですし、下のもののようなデスクとのセットでなかなか安くて良いものがあることに気付きました。




今使っているPCデスクのスペースがやや狭いためサブのデスクも欲しかったですので、これなら一石二鳥です。
ただし椅子の座り心地は固くてダメそうですので、座り心地の改善は必要でしょう。
でも、手持ちのクッションとかを流用すれば何とかなりそうですし、無駄にはならないだろうと。

というわけで、上のリンクの安い方(購入時は送料込みでは最安でした)を購入しました。
でもこれは大正解。

安いので期待外れかなあと心配したのですが、スムーズな折り畳みはできないものの意外にしっかりしていて、良い意味で驚きました。
もちろん椅子は、座面や背もたれ部分にクッションがなくしかも小さいので、このままでは長時間座るのは無理でしたが。

というわけで、手持ちの低反発クッションを背もたれ部分に巻いてやり、座面には車の後部座席用の座布団を折りたたんで置き、オフィスチェアーで使っていた椅子用カバーでくるんで形を整え、椅子の裏側で安全ピンで固定してやる形で座り心地を整えました。
脚の分には100円ショップで購入したカバーをつけ、床の保護も抜かりなしです。

画像


これでまあまあ座れるようになりましたが、それでもまだ固いので、この上に大型の円クッションを置いて座っています。
このままでも一応折り畳みもできましたので、何とか実用には耐えそうです。

というわけで、しばらくはこれとルノーシート改造椅子の2本立てでいこうかと思っています。
こういうお金をあまりかけずに工夫するのって、意外にけっこう楽しいです。
皆さんもいろいろ考えてみてはいかがでしょうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック